銀行カードローンの審査が厳しい理由とは

銀行カードローンの審査は厳しい?

お金を借りようと思った際に、消費者金融のキャッシングではなく、銀行カードローンを検討したという方もいるでしょう。 ですが、銀行の審査に落ちてしまったという方は珍しくありません。

キャッシングの場合もカードローンの場合も先に審査を受ける必要があるのですが、消費者金融のキャッシングに比べると銀行カードローンの方が審査が厳しいと言われています。その理由はどこにあるのでしょうか。

まず、一つ目の理由として考えられることが、銀行からの借り入れは総量規制の対象外になるということです。 消費者金融からの借り入れの場合、年収の1までしか借りられない総量規制というものの対象になってしまいます。

ですが、仮に消費者金融で総量規制の限度額まで借りている方でも銀行のカードローンならば問題ないわけです。 ただ、そういった方に貸してしまうと貸し倒れのリスクが高くなってしまいますよね。 すでに消費者金融から借り入れがあるという方は審査が厳しくなってしまうと思っておいた方が良いです。

それから、消費者金融はブラックリストに載ってしまうと審査をパスする事ができなくなってしまいますが、銀行の場合は審査を受けることができます。 審査に通りさえすれば、ブラックリストに載っている方でも借り入れができるということですね。

しかし、ブラックリストに載っているということは、返済が滞ってしまったり、延滞した過去があるということです。 そういった方に対してお金を貸すのはどうしても貸し倒れのリスクが高くなってしまうため、銀行側は非常に慎重に審査を行っています。

こういったことが消費者金融に比べると銀行の方が審査が厳しいと言われる理由です。 銀行のカードローン審査が通らなかった場合は、消費者金融の利用を検討してみるのも良いでしょう。

銀行は、絶対に審査に通らないというわけではありません。 仮にカードローンの審査に通ることができれば消費者金融に比べて低金利で借りることができるため、最初から諦めて消費者金融を検討するのではなく、両方検討してみると良いでしょう。