ブラジャーの選び方で失敗しないように!

ブラジャーの選び方

バストのサイズが小さい場合、大きいサイズの人よりもブラジャーが選べる、
というプラスの点があります。

色々と選べるという意味ではラッキーかもしれない、とメリットを見つける
ことも大事です。今回はブラジャーの付け方や選び方をご紹介します。

○ブラジャーの付け方
しっかりと丁寧に行うことで、バストの見た目がキレイになって整います。
基本中の基本として、前かがみでブラジャーにバストを収めるような感じで
装着していきましょう。

横に流れてしまっているお肉もしっかりとカップの中に入れ込むのです。
横に流れているのを無理矢理バストにするのはどうなの?と思うかもしれません。
しかし、無理矢理なわけではありません。本来バストであるべき脂肪を
元に戻すというのが正しいのです。

○ブラジャーの選び方
必ず試着をするようにしましょう。
アンダーの肋骨部分にワイヤーが当たるなどして、痛くてつけていられない
ブラジャーもあります。

特に、バストが小さい人は痩せている人が多いため、骨に直接当たって痛いと
感じる人は多いです。更にはパットが入れやすいかどうかも重要ですね。

できるだけ大きくボリュームがあり、キレイに見せるためにパットは
必要だと思います。そして、最後に胸をしっかりと中央に寄せてキープする
ことができるかどうかです。

横のお肉が入れきらないままにつけていると、後姿もだらしなくなって
しまいます。中央にしっかりと寄せられればキレイなバストも実現可能です。

○補正ブラジャーも使ってみる
バストを育ててくれる補正ブラジャーというものがあります。
見た目はあまり可愛いものは少ないのですが、つけているとバストアップさせて
くれる効果もあります。

補正というと、窮屈なイメージがあるかもしれません。
しかし、今は柔らかくて付け心地のいいものもありますので、自分に合ったもの
を見つけてみましょう。

補正ブラジャーの形としては、カップが小さめで周りの脂肪を寄せてくれる
ような支える力の強いものを選びましょう。
なるべく毎日つけ、バストにその形を覚えさせることでバストが理想の形に
近づきます。

ブラジャーひとつで印象をガラっと変えることができますよ。